株式会社ドコモ・ドットコムへの第三者割当増資実施に関しまして

2012/07/12 15:44 に Foglio Webmaster が投稿   [ 2012/07/16 22:24 に更新しました ]
株式会社フォリオ(代表取締役:西窪洋平/以下フォリオ)は、株式会社NTTドコモの100%子会社でモバイルを活用したビジネスに関するコンサルティング事業と投資事業を手掛ける株式会社ドコモ・ドットコム(代表取締役社長:谷秀人/以下ドコモ・ドットコム)を引受先として第三者割当増資を実施いたしました。

■今回増資の目的
フォリオは、写真関連アプリ開発者に新たな収益源をもたらすと共に、世界中の人々に写真製品の楽しみを提供することを目的に2011年12月に設立されました。
今回調達した資金により、写真製品特化型アフィリエイトプログラム「Photo Product Partner Program(略称:P4/以下P4)」の世界市場に向けての展開を加速させる計画です。 

既報(注1)の通り、富士フイルム株式会社(社長:中嶋 成博)と共同で、スマートフォンやタブレット端末用アプリ開発者に向けたP4のサービス基盤を構築し、クローズドベータ版ソフトウェア開発キットの提供を開始しておりますが、今後、正式版の配布、日本国外への展開など、積極的に展開していく予定です。

■説明会について
フォリオではP4参加に関する説明会を下記要領にて開催予定です。

     日時:2012年7月24日
     場所:RainbowAppsスクール代々木本校
     住所:東京都渋谷区代々木1-38-7 川本ビル3階(スターバックスのビル3階)
     アクセス:JR山手線代々木駅前、大江戸線代々木駅前
     概要:フォリオとP4のビジネスモデル、P4導入の具体的手順など
     申し込みURL: http://fogl.io/press_releases/briefing_session_1

■Photo Product Partner Program について
Photo Product Partner Programとはフォトブック等の高単価写真製品(以下フォトプロダクト)に特化したスマートフォン・タブレット向けのアフィリエイトプログラムです。
開発者はフォリオの提供するソフトウェア開発キット(以下SDK)を利用することで極めて容易にフォトプロダクト発注インタフェースをアプリケーションに組み込むことが可能となり、同インタフェースを経由したフォトプロダクト売上の一部がフォリオから開発者に支払われることで新たな収益獲得手段とすることが可能となります。
アプリケーション利用者にとっては利用体験を損なうことなく簡便な操作でフォトプロダクトを発注することが可能となり、写真系アプリケーションの利用価値が高まります。

(注1)スマホアプリをとおして注文された商品収益の一部をアプリ開発者に還元する「Photo Product Partner Program」を構築 : ニュースリリース | 富士フイルム -
http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_0653.html




---------------------------------------------
株式会社ドコモ・ドットコム 会社概要
社名:株式会社ドコモ・ドットコム
所在地:東京都港区赤坂1-7-1
設立:2000年10月27日
代表者:代表取締役社長 谷 秀人
URL: http://www.docomo-com.com

株式会社フォリオ 会社概要
社名:株式会社フォリオ
本社所在地:東京都港区虎ノ門3
設立:2011年12月1日
代表者:代表取締役 西窪 洋平
URL: http://fogl.io/
---------------------------------------------